Just another WordPress site

コーヒーは1日5杯まで

コーヒー日記

コーヒーは健康に良いのか?

更新日:

コーヒーの健康効果に関する噂をよく聞きます。本当のところ、どうなんでしょうか?1日に何杯も飲んでいる方もいるでしょうから、健康効果があれば嬉しいですよね。逆に飲み過ぎが問題であれば気になる話です。

コーヒーには健康効果がある

一般的に言われているコーヒーの健康効果は脳腫瘍の発症リスクを軽減するとか、認知症の予防や内臓脂肪の減少などです。国立がん研究センターなどからいくつもの研究結果が発表されています。

【参考】こんなにあった!コーヒーの健康効果 | 食で健康 | からだケアナビ

糖尿病の予防にもなる「クロロゲン酸」

コーヒーに含まれるポリフェノールといえばクロロゲン酸が有名です。クロロゲン酸はコーヒーの褐色の色や苦味を生み出す元でもありますが、健康効果の源でもあり、膵臓の働きを強めて糖尿病の予防効果もあるとの研究結果があるそうです。

【参考】糖尿病の予防にはクロロゲン酸が効く

1日3杯~5杯が適量

健康効果を得るために、また、健康被害を生じないために、どれくらい飲めば良いか、ですが1日3杯~5杯くらいが良いとされています。1日のカフェイン摂取量の問題で、1杯で80mgくらいとされるカフェインが5杯程度で1日の最大許容量(成人で1日400mg)になるという計算です。

【参考】コーヒー:コーヒーは1日何杯まで飲んでいいのか (3ページ目):ビジネスパーソンのコーヒー学 ~コーヒーと健康最前線~:日経Gooday(グッデイ)

極端な話ですが、カフェインを過剰摂取したことが原因で男子高校生が急死したこともあります。

【参考】「カフェイン飲料を一気に大量に飲み過ぎた」 健康な米16歳男子死亡で検死官 - BBCニュース

ですから、いくら健康に良いと言っても過剰に飲み過ぎるのは健康被害になるでしょう。

缶コーヒーには角砂糖10個分の砂糖が?

また、カフェイン以外にも注意が必要です。缶コーヒーに砂糖が入っているのは説明不要ですが、角砂糖に換算して1本で10個以上になる商品もあるので、毎日飲んでいると別の問題が起きそうです。

【参考】「缶コーヒーは悪魔の飲み物」と医者が言う理由 | 医者が教える食事術 最強の教科書 | ダイヤモンド・オンライン

インスタントコーヒーでも問題なし

インスタントコーヒーが体に悪そうなイメージを持っている方がいるかもしれませんが、基本的にはレギュラーコーヒーと同じなので、健康効果としては問題ありません。ただし、インスタントコーヒーは手軽に飲めるため飲み過ぎないように注意が必要です。

-コーヒー日記

Copyright© コーヒーは1日5杯まで , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.